スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
読書会6
読書6.09年12月13日 『愚者のエンドロール』米澤穂信、角川文庫(提案:木本仮名太) 会場:理之貫邸
参加者:七津八、理之貫
 1.作品の魅力について語った。
  キャラクター要素の強い古典部シリーズ、今回はプロットにもその影響が大きく表れていたという話。
  キャラものや青春小説としても楽しめるなんて、すごいぜ米澤さん!みたいな話。千反田かわいいよ千反田。

 2.『ミステリ』をネタにしたミステリについて議論。
  今回は一本のミステリービデオについて延々と議論していく話であった。これは『『ミステリ』をネタにしたミステリ』というタイプの話(最近で有名なのは『名探偵の掟』とか?)。そういうのは面白いよね。というか理之貫が好きなだけ。
  その点で沢木口の「鍵くらいいいじゃん」はポイント。文化祭でやるミステリビデオなんだから、そういうことを言いだす奴がいなくちゃ逆につまらない。ちゃんと分かってるぜ米澤さん!みたいな話。

 3.本格、新本格におけるキャラクターって何だろう?という議論。
  かつては人物が描けていないという決まり文句で批難され続けた本格ミステリの時代。ところがいまや人物を懸命に描くことでキャラ萌え読者の心をつかもうとする新本格の時代なのである、という皮肉めいた言葉がある。
  ミステリを分解すると『謎』『犯人当て』に加え、『名探偵』があるのだと、カルピスで酔った理之貫がえらそうなことを言った。『名探偵』とは事件が起こる話に特化した登場人物である。
  しかし、何も特化すべきなのは解決する役にこだわらなくてもいいんじゃないの?という話。それが新本格のよく言われる『キャラクター性』であると思う。先述したキャラ萌えが新本格の真骨頂ではないし、もしそうなのだとしたら、もう新本格の時代は終わりである。
  『愚者のエンドロール』でもそのきらいはあった。あのビデオを見たのが別の人間で、かつ別の人間関係があったのならばまるで別の話になっていただろう。結局、あの話はビデオを通して、人物を見せていたようにも見えるし。
  でも、もう少し事件の魅力とキャラのそれを一致できなかっただろうか。というか、そうしてくれたら新本格とミステリネタミステリの一致という面白い作品になってたのにね、という愚痴を言う理之貫。でもまあ今のままの方が間口が広がっていいのかなぁという理之貫。

 と偏見の混じりまくった記録書。これだけ読むと僕ばっかりしゃってるようだけど、ちゃんと七津八くんもすごい大事なことや鋭い指摘、作品全体をまとめつつも要所要所に的確な分析をしてたからね。いやむしろ彼の方が立派だったといえる。全力で。

次回課題本(仮)『解夏(げげ)』さだまさし 幻冬舎文庫(提案:七津八)
やるならそろそろ公式行事にしたいなぁ。

>mui様
 激励のお言葉ありがとうございます。
 手さぐりでやり始めた集会ですので、見守ってくださる方がいらっしゃるだけでも非常に心強いです。期待に答えるよう精進していきたいと思います。
スポンサーサイト
【2009/12/13 17:10】 | 読書会 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
読書会5
読書5.09年10月3日 『氷菓』米澤穂信、角川文庫(提案:木本仮名太) 会場:集会室1
 1.書き出しについて壱片時乃氏が話し始めた。
    壱片「手紙の書き出しはありきたり」
    みんな「そうだなぁ…」
    壱片「読もうと思わせる書き出しではあまりない(古典部にあまり魅力を感じない)」
    みんな「そーなのかー」
    壱片「古典部が出るまでに時間がかかりすぎる」
    理之貫「でもまあ薄いし、こんなもんじゃないかなぁ…」とか適当なことを話した覚えが…。    
 2.作品の構成について説明した。
    序盤に登場人物の紹介や活躍をみせると同時に小さな事件を解決し、後半の氷菓事件の伏線を張っているという構造。
 3.感想…とか?
    あんまり最後のオチ(?)に感動しなかったという意見があった。
    新しい要素はなかったが、既存の要素をうまく使った作品だと思うという意見も出た。
    あとはみんなであとがきのなぞなぞを考えて遊んだ。

次回課題本『愚者のエンドロール』米澤穂信 角川文庫(提案:木本仮名太)
【2009/10/13 23:55】 | 読書会 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
読書会4
読書4.09年8月9日 『新編 風の又三郎』宮沢賢治、新潮文庫(提案:Catch Bacchus) 会場:未亡人テリー亭
 1.気になる点をピックアップして議論。
 2.宮沢賢治、その作品について考察。


次回課題本『氷菓』米澤穂信 角川文庫(提案:木本仮名太)
       『人でなしの恋』江戸川乱歩 創元推理文庫(提案:壱片時乃)。
2つ提案するが、必ずしも両方するとは限らない。
【2009/08/14 02:36】 | 読書会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
読書会3
読書3.09年6月21日 『我らが隣人の犯罪』宮部みゆき、文春文庫(提案:未亡人テリー) 会場:未亡人テリー亭
 1.作品を順にみんなで議論。
   独特の味を出している作家であるため好き嫌いとその理由を主に話した。
   一部の作品では作品のストーリーの確認を行った。
2.全作品を通して、宮部みゆきの作風を議論。


次回課題本『新編 風の又三郎』宮沢賢治 新潮文庫(Catch Bacchus提案)。
【2009/06/21 17:37】 | 読書会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
読書会2
読書2.09年5月17日 『ノックの音が』星新一、新潮社(壱片時乃提案) 会場:未亡人テリー亭
 1.作品を順にみんなで議論。
 2.どの作品が一番好きかをそれぞれに聞いた。

 これからの読書会、その存在意義、方針について話し合った。
1.少なくとも、名前は聞いたことはある(有名)だが読んだことがないという本を消化していくだけでもそこに存在意義があるのではないか。
2.規定がない方が、気ままにディスカッションができていい。
3.自分の読み方が特殊なのだろうか、他の人はどう理解しているのだろうかなどという疑問を抱いている作品には効果的。
4.賛否両論を巻き起こすような作品を議論すると面白いかもしれない。
5.一ジャンルを2回にわけ、一回目でそれに精通している人が読書会をリードし、二回目はみんなで話し合うという方針を行いたいという意見が出た。詳しくないジャンルに触れることができるから。

 次回課題本『我らが隣人の犯罪』宮部みゆき、講談社(未亡人テリー提案)

【2009/05/20 02:20】 | 読書会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。