FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
読書会5
読書5.09年10月3日 『氷菓』米澤穂信、角川文庫(提案:木本仮名太) 会場:集会室1
 1.書き出しについて壱片時乃氏が話し始めた。
    壱片「手紙の書き出しはありきたり」
    みんな「そうだなぁ…」
    壱片「読もうと思わせる書き出しではあまりない(古典部にあまり魅力を感じない)」
    みんな「そーなのかー」
    壱片「古典部が出るまでに時間がかかりすぎる」
    理之貫「でもまあ薄いし、こんなもんじゃないかなぁ…」とか適当なことを話した覚えが…。    
 2.作品の構成について説明した。
    序盤に登場人物の紹介や活躍をみせると同時に小さな事件を解決し、後半の氷菓事件の伏線を張っているという構造。
 3.感想…とか?
    あんまり最後のオチ(?)に感動しなかったという意見があった。
    新しい要素はなかったが、既存の要素をうまく使った作品だと思うという意見も出た。
    あとはみんなであとがきのなぞなぞを考えて遊んだ。

次回課題本『愚者のエンドロール』米澤穂信 角川文庫(提案:木本仮名太)
スポンサーサイト
【2009/10/13 23:55】 | 読書会 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。